安心と信頼の物流体制でお客様のニーズにお応えします。

相川運送有限会社

メールフォームからお問い合わせ
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
ホーム > 新着情報 > DIESEL AID 投入後レポート

新着情報

DIESEL AID 投入後レポート

2021年3月5日

昨年の9月から投入した「DIESEL  AID」

今期の冬はこれに助けられたのかもしれない・・・

毎年の冬に悩まされていたDPFトラブル。以前は40万もするマフラーの交換を幾度も余儀なくされた時もあったが、これを投入した車両は何もなかったかのようだった・・・

 

弊社ではDPFの再生燃焼回数の多い車より段階的に投入。特に2t車がかなり苦しめられていたので、2t車のみを重点に投入を決定。

だまされたつもりで・・・とはいいがたい高価な「DIESEL  AID」自動車部品卸で置いてある700円位のものならば諦めもつくが、これは10倍を遥かに超える高額なもの。

ちょっと効いたくらいでは元も取れるどころか、どうにもならない。

だがこれは効いたようだ。内燃機関内を見ることはできないが、インジェクターノズルは綺麗になったようだ。結果、燃焼効率が上がりデポジットがたまらず、燃費も0.5%も向上する車両も出てきた。DPFの手動燃焼の回数も減るなどの効果が確認された。

しかし、効果はあまり長続きしないことが分かってきた。

走行環境など左右されることは想定していたが、結構なバラツキがあった。尿素を使用する車両よりも使用しない車にはかなり良い結果が見えた。

また尿素を使用する車両は1ヶ月もしないうちに燃費が落ちたり、強制燃焼がまた増えだし再度「DIESEL AID」を投入。

弊社の尿素使用の車両は、新車導入時よりDPFトラブルが絶え間なく発生しており、基本的にこの「DIESEL AID」だけではDPFマフラー自体の洗浄は難しいと判断した。それらの車両はDPFマフラーがかなり汚れているのだと。

全ての車両環境が統一していないので一概には言えないが、弊社で約5ヶ月2万キロを走行する車両10台。15本以上消費してみて思うに、一時的効果は出ても長期間の持続はしないとの判断に至った。

しかし投入しないよりはしたほうが結果的に良かったと思う。これを新車から投入すればまた違う結果が出るかもしれない・・・が、仮定の話だが。

その結果を踏まえて弊社では、排気効率の向上と環境負荷の軽減が重要性と鑑み、DPFの洗浄装置を購入を決意。まずは自社でDPFマフラーが洗浄ができるよう試みてみることにした。

「DIESEL  AID」確かにいいと思う。だとしても?コストに見合うかどうかは経営者の判断が左右されるところでしょう。

今後の購入について弊社は検討中です。20本のロットからの購入になります。
詳しくは(有)小林商会で検索!
DPFの洗浄も投稿しますので、そちらはまた乞うご期待。
配車はお任せください
スタッフからのお知らせ スタッフブログ
相川運送ってどんな会社?
お電話によるお問い合わせはこちら
FAXによるお問い合わせはこちら
メールフォームからお問い合わせはこちら

相川運創の取り組み

エコプロジェクト

東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」に参加しています。

エコプロジェクト

2017年12月14日認証取得しました。継続2022年末まで有効。

相川運送ってどんな会社?

相川運送有限会社

ホーム > 新着情報 > DIESEL AID 投入後レポート

新着情報

DIESEL AID 投入後レポート

2021年3月5日

昨年の9月から投入した「DIESEL  AID」

今期の冬はこれに助けられたのかもしれない・・・

毎年の冬に悩まされていたDPFトラブル。以前は40万もするマフラーの交換を幾度も余儀なくされた時もあったが、これを投入した車両は何もなかったかのようだった・・・

 

弊社ではDPFの再生燃焼回数の多い車より段階的に投入。特に2t車がかなり苦しめられていたので、2t車のみを重点に投入を決定。

だまされたつもりで・・・とはいいがたい高価な「DIESEL  AID」自動車部品卸で置いてある700円位のものならば諦めもつくが、これは10倍を遥かに超える高額なもの。

ちょっと効いたくらいでは元も取れるどころか、どうにもならない。

だがこれは効いたようだ。内燃機関内を見ることはできないが、インジェクターノズルは綺麗になったようだ。結果、燃焼効率が上がりデポジットがたまらず、燃費も0.5%も向上する車両も出てきた。DPFの手動燃焼の回数も減るなどの効果が確認された。

しかし、効果はあまり長続きしないことが分かってきた。

走行環境など左右されることは想定していたが、結構なバラツキがあった。尿素を使用する車両よりも使用しない車にはかなり良い結果が見えた。

また尿素を使用する車両は1ヶ月もしないうちに燃費が落ちたり、強制燃焼がまた増えだし再度「DIESEL AID」を投入。

弊社の尿素使用の車両は、新車導入時よりDPFトラブルが絶え間なく発生しており、基本的にこの「DIESEL AID」だけではDPFマフラー自体の洗浄は難しいと判断した。それらの車両はDPFマフラーがかなり汚れているのだと。

全ての車両環境が統一していないので一概には言えないが、弊社で約5ヶ月2万キロを走行する車両10台。15本以上消費してみて思うに、一時的効果は出ても長期間の持続はしないとの判断に至った。

しかし投入しないよりはしたほうが結果的に良かったと思う。これを新車から投入すればまた違う結果が出るかもしれない・・・が、仮定の話だが。

その結果を踏まえて弊社では、排気効率の向上と環境負荷の軽減が重要性と鑑み、DPFの洗浄装置を購入を決意。まずは自社でDPFマフラーが洗浄ができるよう試みてみることにした。

「DIESEL  AID」確かにいいと思う。だとしても?コストに見合うかどうかは経営者の判断が左右されるところでしょう。

今後の購入について弊社は検討中です。20本のロットからの購入になります。
詳しくは(有)小林商会で検索!
DPFの洗浄も投稿しますので、そちらはまた乞うご期待。
配車はおまかせください
スタッフブログ
相川運送ってどんな会社?
お電話によるお問い合わせ 03-3687-1268
メールフォームからお問い合わせはこちら
FAXによるお問い合わせはこちら
電話からお問い合わせ 03-3687-1268
メールフォームからお問い合わせ
トップへ

トップへ

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • LINE
  • INSTAGRAM
本社
〒134-0084
東京都江戸川区東葛西2-3-18 柴ビル102号室
TEL: 03-3687-1268
FAX: 03-3687-1385
Copyright(C) AIKAWA UNSOU Inc.
All Rights Reserved.